ボディージュエリーシール工程♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

16-06-28-01-02-23-465_deco

↑こちらはジュエリーシールの抜け殻です😃♪

ジュエリーシールはグルーが(ノリ)が両面と片面についている方や雑貨用など様々、多種類がありますが大体の工程や作り方は似ていますが様々なデザインや色彩などで見方、見せ方がかなり変わってきます。まずはデザインを決め、両面、片面の下にデザインを転写、後はそれぞれにグリッターやストーンをのせたり、どこにどう貼るかどう見せたいかイメージしましょう。

多少のメリット、デメリットはありますが完成品を見るとそれぞれシールのキラキラの良さが出て来てわかります。両面だとグルーを乾かす時間が省け、1度にグラデーションなどができます。片面だと細かいデザインはできるが乾かす時間がかかったり。それでもそれぞれよいほうを使い分け、使いやすさ、3Dなどの応用ができます。

今は肌に優しいヒアルロン酸入りや水についても剥がれないシールなど色々な会社で素晴らしいシールがあります。それぞれの特徴を活かしたジュエリーシールを作れますね。

果てしなく無限に広がる自由な作品ができると嬉しいです。

#ハッシュダグ#ブライダル#ダンス#ハロウィーン#海の家#イベント#ライブ#コンサート#結婚式場#ウェディング#カラードレス#カクテルドレス#チューブトップ#アクセサリー

 

クリックしてね!↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ ボディジュエリーへ
にほんブログ村